フォトアルバム

Counter

BOR Revenge Rival's

  • Thomasita
    BOR XboxLive Online Rival's

Geotargeting

nakanohito

2012.11.29

マルチモニター構築

ついに私もマルチモニター化いたしました。
REGZA TVを購入してた時点でHDMI対応でしたので、マルチだったと言えば、マルチではありました。TVが2画面対応でしたので、TV画面と外部出力(ゲームやPC拡張画面)というのもできましたが、外部出力の2画面表示というのが出来ないので、ゲームと一緒に表示できない状態でした。

そこで、HD PVR2 の購入によって、PCモニター上にゲーム画面を表示させる必要があるとなると作業域が狭くなるという安易な考えで、PCモニターを同時購入してみました。

Dsc_0463 2万以下のiiyama製。23型。

購入した液晶モニターは高さ調節+画面の縦横回転機能(ピボット)、首振りまで対応してて設置の微調整が行いやすそうなものを選びました。現在私がPCデスクとして使用している机は非常に簡素なもので、横幅も90cmしかなく、24型クラスを2台横に並べて置くことは不可能な状態。そのため、縦型に設置できるモニターとしました。

縦画面のメリットとしては、やはりWebページをはじめ、文書などが一覧で見やすいということでしょうかね。ただ、画面上端が首を傾けるか視点を上げる必要があるので、横画面に比べて、見づらいというのはあるかもしれません…。

肝心の発色等ですが、初めはSONYの液晶と比べると低レベルさを露呈しているような色合いでしたが、輝度を抑え、温かみのある色レベルにしたところ、違和感は無くなりましたね。

20121129_21h53_07_2 作業域が格段にUP。

作業域としては、右のメインモニター上部の黒縁部分は使用できません。SSを撮影したところ、実際に使える領域は以下の通り。

20121129_21h53_07_4 実際の作業スペースイメージ。
左画面は縦表示で壁紙が1980x1080サイズの為、黒帯となっている黒い部分も作業域として利用できます。1980x1980の壁紙を何か作って表示させたいですね。もっともWindows8ではそれぞれのモニターで別々の背景を設定できるようなので、そのためだけにアップグレードするのも有かも(笑)。

必要最低限のショートカット、初期背景の私が言っても説得力なんてありませんが(笑)。

2012.11.25

eoblog. ページ送り機能追加

私が愛用していますeoblog.にようやく、本当にやっとのことで、ページ送り機能が追加されました。私は実装されてから1週間以上してから気が付いた。久しぶりにblog.について語ってる気がする。投稿数も激減しちゃいましたし、当たり前か。

これまでは、eoblog.ではカテゴリやアーカイブを閲覧すると一覧で全件表示されてしまう状態でした。そのために数か月前にBurnoutのカテゴリを年代別に分けたほど。

ただ、ページ送りが追加されたのはいいんですが、ページジャンプ機能が無いのは痛い。
普通一緒に機能追加しませんかね~。システム構築は難しいんでしょうか?

20121124_13h05_31 以前。

20121124_13h18_10
このNEXTの表示がどれだけありがたいことか(笑)。
作成されたのが古い方は設定をしないと表示されませんので、ご注意をば。

あと、スマホビューにも対応したみたいで、自分で確認しましたが、ちょいと崩れてました。CSSをちょいといじってるせいでしょうか。あと、サイドパーツは決まったものしか表示されないみたいですね。

2012.11.24

HD PVR 2 購入

http://www.mustardseed.co.jp/products/hauppauge/accessory/hd_pvr_2.html

ビビッときた~。発売前に予約しました(笑)。

ようやく、私もPCでもゲームをキャプチャーができる環境が揃いました。
ついでの報告がてらに本体故障により私の元を離れていったXbox360が戻ってまいりました~。見送ったのは4度目。内2回は故障じゃありませんけど。

初めの頃は、ゲーム機とHDDレコーダーにコンポジットケーブルで録画してました。
Xbox360の場合はコンポジットケーブルにD端子がついたもので、スイッチをSD画質側にしてると、D1画質ではありましたが、2系統出力対応してたので、パススルー的な使い方が出来てました。
ただ、あくまでSD画質なんで、プレイしにくいという面もありましたし、DVDに焼いて、PCにてコピー、エンコードとかなり面倒な手順をふんで、動画サイトにアップロードしてました。

今年に入ってからはセール対象となっていた、AverMediaのAVT-C281を購入してました。
blogにすら記載してなかったんですが、Youtubeにちらほらと動画はアップしており、比較的高画質で録画保存できるので、重宝してました。
HD画質でプレイしながら、遅延をまったく気にせずゲームキャプチャー出来る商品で、USBメモリに対応しており、PC接続不要で手軽にキャプチャーが出来る素敵な商品と思えました。ただ、長時間キャプチャー(別途内臓型HDDを準備する必要有。)や配信関連には向いていない面もあります。
また、動画のアップロードにはPCへ一旦保存する必要もあり、手軽な分、ひと手間掛かる代物でした。キャプチャーした動画の再生自体は単体で可能でしたが…。

と、多少の不満を持ちながらも使い続けていたAVT-C281を見限って、新しいこちらに一目惚れ。新製品ってなんて良い響きなんでしょう(笑)。

HD PVR2が初代と比べて大きく進化したのはHDMI端子に対応したこと。Xbox360の場合のみHDMI接続でもキャプチャー可能となりました。PS3にはHDCPという暗号化が施されているようで、コンポーネント接続となります。(ケーブルは現行機種に対応したケーブルが付属されています。別途購入する必要はありません。USBケーブルも付属しています。)

Dsc_0452 HD PVRの上位機種らしい。

USBケーブルにてPCと接続し、PCモニターにゲーム画面表示させることが可能な商品。付属のキャプチャーソフトで録画も可能。詳しい詳細は販売元のホームページでご確認を(笑)。ただ、表示されるものは5秒近く遅延しているので、通常はパススルーしているTV画面やモニターを見てゲームをプレイすることになります。

私のPCが拡張性のないボードPC(モニター一体型)の為、USB接続できるものを探していた。4000円くらいでS端子などがありましたが、ちょっと粗末っぽいので、敬遠してました。

Dsc_0461
録画中には本体の中央のスリット部分?が緑に発行します。

本体には大きな録画用のボタンのみ。リモコンなんて付属品は無。
キャプチャーのスタートボタンは専用ソフト上でもクリック1つで録画可。
録画品質は十分満足できるレベル。ノートPCでも使えるかは不明です。スペックは多少要求されるようですので、販売元サイトにてご確認ください。

ただ、1週間程度使ってみて残念な点が1つ。
PCの電源が切れている状態では、ゲーム機側からの出力信号がTVまで出力されないみたい。自動で信号認識もしてくれず、いちいち切り替えないと一度PCの電源を立ち上げないと、表示されない…。一度PCで設定をした後だと、PCの電源を切ってもTVには映像は出力されたままで問題ないみたい。この仕様が残念でたまらない。ほぼゲームするときにはPCを付けてるので、早朝の支給消化くらいの時に困るくらい(笑)。


HD PVR 2でのキャプチャーテスト。ビットレート設定等はMAXの7割程度のはず。色々試してみないとまだまだよくわかってない(笑)。

動画を録るっていうよりプレイ状況を配信する方が主な使い道になりそうです。現状垂れ流してるだけですけど…。

外見もそれなりにスタイリッシュ?

2012.11.07

バトルオペレーション 冬

夏に配信された機動戦士ガンダムバトルぺレーション。

全トロフィー獲得を目指して大佐になるべく、支給を消費しつつプレイしてきましたがもう限界。
以前にくらべて備蓄(出撃エネルギー)に課金してます。土日で結構使った(笑)。

無事少佐になることができましたが、まだ20Lvも上げないと大佐になれない。

必要経験値もこれまで獲得してきた分の3分の2以上獲得しないと大佐になれない。オンラインゲームだからって狙い過ぎ。といいつつ課金しちゃってますけど。(笑)

EXVSをするために買ったPS3だけど、何か使い方を間違えてるような。

まぁ、Xbox360さえ直れば、バトオペともおさらばすることになるだろうけど…。
課金してきた額を考えるとおいそれと引退できるものでも無い。術中にはまってる(笑)

2012.10.29

Xbox360 本体故障、交換申込み(追記)

本体故障しちゃいました…。(久しぶりの記事がこんなことで良いのか?)

S型でははじめて。6月に買ったばかりで、それほど起動してないんだけども?
ただ、ちょっと心当たりは無いわけでも無い(笑)。埃よけ…、ゴホッ、ゴホッ…。

http://support.xbox.com/ja-JP/xbox-360/repair/repair-process

と言うわけで、本体の修理申し込みをXbox.comで探してみた。
サポートページを確認すると、すぐ見つかりました。故障前提か(笑)?

●故障した Xbox 製品の交換を受ける方法

手順1、本体登録

Xbox360本体をWindows Live IDに紐づけすることで、簡単に保証期間であるかどうかや交換の申し込みが可能です。Xbox Liveに繋いでる方なんかは、Xbox.comから登録しておきましょう。本体以外にKinectも製品登録可能です。もちろん、修理交換も可能。

手順2、交換の申し込み

電話とWebとで、有償の場合の料金が異なるようです。Webだと8100円ですが、電話申し込みだと9800円もします。スマートに済ませるにはWeb申し込みがお勧めです。
Webでの申し込みは、本体の症状をいくつかの中から選択し、詳細な状態を記載するだけ。
有償・無償は登録情報から自動で判断されます。
私の場合は買ったばかりでしたので、無償交換の対象でした。

手順3、製品を発送する

アクセサリー類(HDDも)をすべて外して、購入時の化粧箱へ。箱をわざわざ用意するのは手間ですからね。後は配送業者を待つだけ。自分で発送するかは、交換申し込みの際に選択できます。

発送さえ完了すれば、10日以内には返送されてくるようです。
以前に2度ほどサービスセンターに発送したことがありますが、4日くらいで帰ってきた覚えがありますね。ただ、商品を発送出来そうなのが、土曜か日曜しか無い。まぁ今はそれほど燃えてXbox360もプレイしていないので、十分に待てる。MWの発売日までには完了するだろうし、焦ることは無い。

HDD取り外して、どこに置いておこう…。

Dsc_0442 はじめて見た…。

追記

商品の発送には登録完了後に送られてくるメールから集荷依頼をしないと駄目だったみたいです。メール届いてたかかもしれないが、細部まで読んでなかったかも。メールは速攻消す派なんで、確認しようにも…。仕方ないので、一旦取り消して再度申込みしました。

こういうときに限ってRevengeしたくなるんだよな~。ただ、海外フレはMWばかりでまともにLive対戦できないだろうけど(笑)。

RR (YouTube Playlist)

Twitter

  • black_legnaをフォローする?

FC2 Analyzer

    ADBR

    FC2 AR

    The Opening

    • since 2006.10.22