フォトアルバム

Counter

BOR Revenge Rival's

  • Thomasita
    BOR XboxLive Online Rival's

Geotargeting

nakanohito

2016.05.07

2016年近況報告

何年ぶりの更新だろうか。

バーンアウトからすっかり離れて、PS3 ドラゴンズクラウンに没頭しております。

2013年7月に発売され、2年以上の時が流れてますが、いまだにプレイし続けてる。

2006年にバーンアウトリベンジが発売され6,7年は現役でいたころを彷彿とさせています。正直、プレイ密度はリベンジの比ではなかったです。すでにプレイ時間が4500時間くらいは超えたのではないでしょうか?
あの頃に無かった生放送ツールを使用して、リスナーさんとコミュニケーションを取りながら、ゲームをプレイ出来てるのも大きいかと思います。

バーンアウトからドラゴンズクラウンへ。

レースゲームからベルトスクロールアクションへ。

まったく別物でありながら、私が惹かれたのはなぜなんでしょうか。

リベンジは対戦ものでしたが、ドラゴンズクラウンは協力プレイができるタイプ。ここにも大きな違いが…。

まぁ細かいことは追々記載するかもしれませんが、生放送が楽しくブログ更新を怠っていたのは事実です。これからバーンアウトブログから転身するか不明ですが、ちょこちょこと更新ができればと思います。

最近は、Twitterでも動画投稿ができるようになったので、サイトとしての活躍もあまりないかもしれませんね。攻略サイトはもう十分に充実してるところもありますし。

まぁ、のんびりとやっていきたいと思います。

2013.04.14

復讐の炎は未だ燃え続ける・・・。

ちょうど1年前の今日、Xbox360版 バーンアウトリベンジのオンラインサービスが停止した。

だが、ユーザーが発起人となり約2週間後には、見事復活を遂げた。

1年が経過しても今なお、私たちは走り続ける…。

って、変な前口上は置いといて。

良いメンツが揃ったLive Raceほど楽しめるものは無いです。テンション上がります。

一時停止したサーバー。いつまで稼働してくれるのか?
停止基準にユーザー数が最盛期の1%以下なんてなのがあったと思うが、再チェックされたりしてるんだろうか?気になる…。

blog. のトップでLive動画を流すようにしました。需要なんて皆無でしょうけど…。
画質はそれなりに高く設定してますので、某生放送サイトよりは綺麗に映ってるはずです(笑)。

2013.01.27

INFOBAR A02 発表

ブログってどう書くんだっけ?久しぶりすぎて忘れてる(笑)。
もっぱらTwitterのみで済ましてます…。

http://www.au.kddi.com/original-product/a02/

さて、INFOBAR A01の後継機 A02が発表されました~。

見た目、合格。
ただ、物理キーをなくしたのは如何なものか。戻るキーの配置も左側ってA01と異なるし…。
ディスプレイ上下の長さが気になる…。もうちょい縦の長さは抑えられなかったのか?

サイズ、ちょいとデカい。
高性能になる分仕方ないか。

機能・スペック 十分。
4G LTEやデザリングに期待。ただ、田舎だと関係ないか。
バッテリー容量強化は十分に喜べる。

値段 未知数。
割引サービスでどこまで安くなるか。実質負担は3万くらいになるだろうか。

カラーリング ちょいと貧弱。
NISHIKIGOI 一択と言いたいが、落ち着いたICE GRAYが今気になる。

UI
A01から大きく変わらないっぽいが進化してるのは間違いない?比べるという点では楽しみ有。iida homeになれるとほかのスマホのメニュー構成にはもう順応できない。

昨日店頭で予約開始されてるか確認したけど、まだでした。発売は2月中旬だというのにのんびりしてる。今現在変更する気満々だけど、急いで替えるほどでもないよな~。

スペック・機能的には申し分ないほど詰め込まれてるし、1年9か月A01と別れるのも有だろうか。プチフリーズが最近多いし、見切るのも一案か。

KDDIスタジオ 大阪に無いのは何故なんだ。実機が見たーい!!

2012.12.09

NEED FOR SPEED MOST WANTED 購入。

一応、購入しておりました。今さらながらのご報告。

http://marketplace.xbox.com/ja-JP/Product/NEED-FOR-SPEED-MOST-WANTED/66acd000-77fe-1000-9115-d80245410961

クライテリオン製ということだけで、購入。
前作のHOT PURSUIT は手を出さず(笑)。比べちゃダメなんでしょうけど、操作感をバーンアウトリベンジと比べてしまって、NFSシリーズはハンドルが重たい感じが好きじゃありませんでしたね。HP体験版をプレイしたくらいの感想でしかありませんけど…。

Dsc_0456 久しぶりの新規パッケージタイトル。

NFSタイトルできちんとプレイするのは今作のMOST WANTED 2012が初めて。6年ほど前に出た初代とどのように違うのかはまったく知りませんが、このタイトルだけでも十分楽しめますね。NFSはいつもオープンワールドってわけじゃないんですよね?
初代と今作、どちらが面白いのでしょうか?やり込みプレイヤーはどちらを推すのか?

パラダイスで好評だった?EasyDriveシステム搭載。十字キーで呼び出せるメニューですが、十字キーだけで選択するのがつらい…。停車してるときは問題ないんですが、走行中に操作したい時にハンドル手離し状態でメニュー選択してると壁もこするし、クラッシュ多発。(プロモッド解除したらすぐさま装着したいんですよね~。)

あとはHPで好評を得た?Autologシステムも搭載。フレンドとの記録比較が一目で分かります。街に設置されている広告板には飛距離TOPのフレンドのアイコンが表示され、記録への執着心が芽生えます。ただ、フレンドに抜きんでたプレイヤーが居るとそのアイコンだらけにに…。海外で先行発売されていたのも重複し、私の場合はほぼ一人のアイコン祭りでした。今はちょっとだけ落ち着いてますが。いうまでも無くタイムの記録もほぼTOPを占めてます。うーん、恐るべしAutologシステム。後発プレイヤーには始める前からやる気を削ぐシステムにしか思えんのだけども…。

ゲームレベルはそれほど難しいと感じるところはありませんでしたね。
車両のカスタマイズ(ナイトロ、タイヤ、シャーシ、ギヤなど)で車両ごとに用意されている5つの専用レースは順番を追ってクリアすれば、なんら問題ありませんでした。(Liveでは文句ばかり垂れてたかもしれませんけど(笑)。)
レースの敵車両は序盤では先行されますが、クラッシュせずに後方からじりじりと走ってると次第にペースダウンしてくれます。
ただ、ちょいと苦労したのは待ち伏せ。警察車両から逃げるセオリーが分かっていなくて、数多く捕まってしまいました。エンジン切る方法がTIPで流れて比較的楽に逃げ切れるようになりました。フレンドの20秒台で逃げ切った方法が知りたい(笑)。

ただ、プレイしている中で、システムとして許せない点がいくつか。
・レース開始後にいきなりクラッシュすることがしばしば。1つはこれは相手車両などまったく関係ななしに、ムービー後の画面切り替えタイミングでクラッシュ。あとはスタートしてから操作が出来ない状態が解除された直後のテイクダウン。とあるコースで頻発してました。15回はリトライしたんじゃないだろうか。

・猛烈な追い上げ。
配信をしている時に発生したんですが、ゴールライン直前での敵CPUの強烈な追い上げ。
通常ではありえない加速で、私を差してゴールしてました。後にも先にもまだ1回しか発生してませんが、リトライするハメになるので、やめていただきたい。

さて、愚痴はここまでにしておきます。クリア報告やオンライン対戦は別の記事で。

2012.11.29

マルチモニター構築

ついに私もマルチモニター化いたしました。
REGZA TVを購入してた時点でHDMI対応でしたので、マルチだったと言えば、マルチではありました。TVが2画面対応でしたので、TV画面と外部出力(ゲームやPC拡張画面)というのもできましたが、外部出力の2画面表示というのが出来ないので、ゲームと一緒に表示できない状態でした。

そこで、HD PVR2 の購入によって、PCモニター上にゲーム画面を表示させる必要があるとなると作業域が狭くなるという安易な考えで、PCモニターを同時購入してみました。

Dsc_0463 2万以下のiiyama製。23型。

購入した液晶モニターは高さ調節+画面の縦横回転機能(ピボット)、首振りまで対応してて設置の微調整が行いやすそうなものを選びました。現在私がPCデスクとして使用している机は非常に簡素なもので、横幅も90cmしかなく、24型クラスを2台横に並べて置くことは不可能な状態。そのため、縦型に設置できるモニターとしました。

縦画面のメリットとしては、やはりWebページをはじめ、文書などが一覧で見やすいということでしょうかね。ただ、画面上端が首を傾けるか視点を上げる必要があるので、横画面に比べて、見づらいというのはあるかもしれません…。

肝心の発色等ですが、初めはSONYの液晶と比べると低レベルさを露呈しているような色合いでしたが、輝度を抑え、温かみのある色レベルにしたところ、違和感は無くなりましたね。

20121129_21h53_07_2 作業域が格段にUP。

作業域としては、右のメインモニター上部の黒縁部分は使用できません。SSを撮影したところ、実際に使える領域は以下の通り。

20121129_21h53_07_4 実際の作業スペースイメージ。
左画面は縦表示で壁紙が1980x1080サイズの為、黒帯となっている黒い部分も作業域として利用できます。1980x1980の壁紙を何か作って表示させたいですね。もっともWindows8ではそれぞれのモニターで別々の背景を設定できるようなので、そのためだけにアップグレードするのも有かも(笑)。

必要最低限のショートカット、初期背景の私が言っても説得力なんてありませんが(笑)。

RR (YouTube Playlist)

Twitter

  • black_legnaをフォローする?

FC2 Analyzer

    ADBR

    FC2 AR

    The Opening

    • since 2006.10.22